イベルメクチンがあればコロナも怖くない!|イベル通信

 

利用しても問題はないのか?

「利用しても問題はないのか?」のイメージ画像

個人輸入の代行サービスはイベルメクチンをはじめとしてさまざまな医薬品を手に入れることができる非常に便利なサービスです。ですが、こうしたサービスを利用しても問題はないのでしょうか?

そもそも、処方箋を必要とするような医薬品を通販で取り扱うことはできません。これは、法律でもそうなっています。
しかし、個人輸入の代行サービスは医薬品を売買しているわけではなく、利用者が個人使用を目的として海外から医薬品を輸入するのを代行してくれるサービスであるため、法的に問題になることはありません。

このことから、個人輸入の代行サービスを利用してイベルメクチンの輸入を代行してもらう行為自体は、何も問題はありません。
ですが、ひとつ気を付けるべきポイントがあります。
この個人輸入が認められるケースというのが、個人使用を目的とした場合のみです。
そのため、誰かの代わりにイベルメクチンの輸入代行を依頼したりするのは法的に違反となってしまいますし、個人輸入代行で手に入れたイベルメクチンを第三者へ譲渡したり販売したりした場合においても、法的に問題となってしまいます。

個人輸入はあくまでも自分で使う医薬品の輸入についてのみ認められている行為であるため、利用する場合はその点に注意しておきましょう。


TOP